飲食開業手帳とは?

飲食開業手帳の送付を依頼する(無料)

すべての飲食店開業者がひと通り目を通すべき1冊

毎年多くの人が参入してくる飲食店ですが、1年間で半分が淘汰され、平均寿命は2年といわれています。
飲食店の長時間労働に耐えられずに脱落していくサラリーマン転職組、多角経営の場合は飲食の業態理解不足が淘汰される原因になります。

また経験者だからと一人で全部やろうとして失敗する事例もあります。料理、接客のどちらの要素もプロレベルで要求されますが、両方がそのレベルという方は稀です。

経営の知識も高レベルで要求されます。居抜き物件の登場により、初期投資が少なくなってきた反面、資金や調査・マーケティングの知識不足により居抜き物件のリスクを見抜けず脱落していくお店が増えました。

これらのリスクは全飲食店開業者が知っておくべきものです。
飲食開業手帳は国内すべての飲食店開業者に飲食店をつぶさないためのノウハウを無料で提供します。

例えばどんな内容?

飲食開業手帳とは?
飲食店は現金商売とはいえ、資金繰りは最重要課題です。値下げよりポイント・会員優遇の活用方法や経費削減ノウハウによるキャッシュフロー改善テクニック、飲食コンサルタント直伝の飲食店が利益を出すための施策例が惜しみなく掲載されています。
資金調達をお考えの場合は公的融資で満額引き出すためのテクニックを実例を踏まえて紹介します。
お金関係の記事では店舗設立後の税務関係の記事も実用的で人気があります。青色・白色申告の違いなどの基礎から節税テクニックまで網羅的に学習できるようにしています。
出店前のコンセプト決めから店舗立地調査、資金調達、スタッフ採用、教育、仕入・調達、グルメサイトの活用法など集客マーケティングのポイントまで、飲食店開業に本当に使える情報を完全網羅し、かつ的を絞った革命的な冊子です。

飲食開業手帳の送付を依頼する(無料)

どうして無料なの?

市販の起業本以上のクオリティの総務手帳を無料で届けられるのは、創業支援に力を入れている多くの企業様や支援団体様からのご協賛・ご協力により作成・配布することが可能となっているからです。

「会社の母子手帳」創業手帳とは?

20150219kagoshima-fig3
創業手帳とは日本の「創業の成功率を上げる」ために、全国の公的機関・大手企業が協賛して「創業直後の全ての会社」に無料で送付している「会社の母子手帳」です。毎月15000部発行し創業に必要なノウハウを掲載しています。
創業手帳の詳しい説明はこちら